大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

脱毛サロンには年齢制限はある?親の同意は?

    

脱毛のサロンには、たいていは年齢の制限はあります。具体的に何歳以上なら施術が可能かは、サロンによって異なります。

そして多くのお店では、親権者の同意が必要です。同意書を書いてもらう必要がありますから、基本的には親権者の許可を取る必要があります。

お店による施術が可能な時期とその理由

サロンは、成人している方ならば特に問題なく施術は受けられます。逆に10代ですと、施術に関する様々な制約があります。例えばあるサロンの場合は、12歳以上でなければ施術を受けられません。ですからそのお店にて施術を受けたい時は、12歳以上になるまで待つ必要があります。また上記とは別のお店ですが、16歳以上でないと施術は受けられません。各お店によって、それぞれ基準が異なる訳です。

基本的には、16歳以上でないと難しいお店が目立ちます。なぜ16歳以上でないと施術が困難かというと、ホルモンの兼ね合いがあるからです。というのも16歳以上になると、体内のホルモンは安定している傾向があります。しかし10歳前後など若い時期ですと、まだホルモンが安定していません。それは施術の効果に、大きな影響を及ぼします。一般的にはホルモンが安定している方が施術の効果が発揮されやすいです。逆にホルモンが不安定ですと、たとえ施術を受けたところで、効果が限定されてしまう傾向があります。

それと、肌に対する影響です。16歳以上でないと施術が困難なお店では、やや強力なマシンを採用している事も大きいです。まだ10歳前後なのに、強力な光を照射してしまいますと、万が一のトラブルが生じる可能性もあります。トラブル回避の為に、お店としては16歳以上に制限している事が多いです。

親権者による書類記入と提出が必要

ところで16歳前後の時期に施術を受ける場合は、お店に対して親権者同意書を提出するのが一般的です。万が一のトラブルに備えるために、両親の許可を得ていない状態で施術を行うのは、色々と問題があります。ですから両親の許可を得た上で、施術を受けるのが一般的です。

お店によって書類の形式も異なりますが、公式サイトからダウンロードできる事も多いです。そして入手した書類に対して、親権者に署名してもらいます。書類によっては捺印が必要な事もあります。もちろん未成年者が親権者の氏名欄に記入しても、書類の効力はありません。必ず親権者が、その書類を書く必要があります。親権者に書類を書いてもらう以上は、施術を受ける前に、まず許可を取っておく必要があります。一旦書類を書いてもらった後は、お店に提出すれば問題ありません。

親権者の同伴が必要なお店もある

またお店によっては、上述のような書類を書いてもらうだけでは不十分で、未成年者がカウンセリングに行く時には、親権者の同伴が必要なお店もあります。同伴が必要である以上、もちろん事前に親権者に話をしておく必要があります。ただし同伴が必要であるか否かは、お店次第です。親権者が書類を書いていれば、同伴が不要なお店も多いです。ですから同伴が必要かどうかが気になる時には、カウンセリングを受ける前に、お店に問い合わせして確認すると良いでしょう。

上述の通り、未成年者がサロンで施術を受ける場合、色々な制約はあります。具体的に何歳以上なら施術を受けられるかは、お店によって異なります。基本的には同意が必要なので、まずは親権者と話をしておくのが望ましいです。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件