大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

脱毛後に献血する事は可能?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/08
    

ムダ毛の処理はエチケットとして必須と考えている人もいるほど、今の時代は脱毛施術を行っている人は増えました。

エステサロンやクリニックなど、施術先も豊富にありますが、いざ脱毛施術を考えていたり施術中となれば、気になることも多いのではないでしょうか。

その中の一つに、施術後に献血をして良いのかという点があります。

施術を受けた後に献血することは問題とならないのか、また肌トラブルが起きる可能性はないのかなど、気になる点があるのは当然のことではないでしょうか。

 

脱毛施術が血液に対する影響の有無について

施術を受けたことにより照射した光が血管へ影響を与えてしまい、血液にも影響があるのではと不安になる人も多いですが、エステサロンやクリニックの脱毛で使用されている光などは、肌への負担も少なくなっています。

影響はあっても表皮のみで、それよりも深い部分である血管や血液には影響が及ぶことはありません

施術を受けた当日に献血を行っても、血液に問題はないので安心して受けることができます。

 

肌トラブルの可能性に気をつけておく

脱毛直後の献血は基本的に問題はなく、止められることもありませんが、腕や全身の施術を受けるとなれば、肌トラブルが起きる可能性はあるので気をつけなくてはなりません。

施術直後は肌はとてもデリケートな状態になっていて、毛穴は熱を持っていて肌は敏感になっています。

直後だけではなく三日ほどはデリケートな状態が続いており、見た目には問題なくても気をつけなくてはなりません。

その間に血圧測定で圧迫をしたり、採血や消毒、そして実際の献血を行うとなればありとあらゆる負担がかかってしまうことは容易に想像できます。

刺激により肌に赤みが出たり、肌トラブルになる可能性もあるということは頭に置いておきましょう。

自分の肌や健康状態を考えるのであれば、当日はもちろん三日程度は避けておくべきと言えます。

 

注意しておくべきポイントについて

脱毛直後に献血をしてはいけないという、明確な決まりがあるわけではありません。

しかし肌トラブルや体調を考えるのであれば、避けておくべきであり三日程度は安静にしておくようにするべきです。

施術を受ける前ならば問題はないと考える人も多いですが、日頃は異常がない人でも体調によって気分が悪くなってしまうこともあります。

そうなれば、脱毛の施術を受けることができなくなってしまうので、施術前にも行わないようにしておくべきです。

腕に注射の跡があると、施術を断られてしまったりその部分のみ避けて施術が行われるという可能性もあります。

タイミングが被ってしまう時には、施術先にどの程度の期間を開ければ献血をしても問題はないのか、問い合わせてみるようにしましょう。

当然人それぞれ肌の状態にも違いがあり、体調による差もあるので必ずしも問題はないというわけではないので、自己責任で行わなくてはなりません。

注射針により、皮膚の表面に傷ができてしまった状態で施術を受けると、色素沈着を起こす可能性もあり美しい肌を手に入れるどころか逆効果となってしまいます。

 

脱毛をしている時に献血を行うことは、絶対にタブーというわけではなく血液に影響が出るというわけではありません。

しかし血液には問題がおきなくても、肌トラブルが起きてしまう可能性はあるという、自らに対するリスクがあることは頭に置いておくべきです。

施術直後を避けるだけではなく、その後の三日間は気を付けておきましょう。

施術前なら問題はないと考えてしまいがちですが、施術の前となれば体調が悪くなると脱毛を受けることができなくなります。

腕に注射の跡があるので、黙っていてもバレてしまい受けさせてもらえないこともあるので気を付けましょう。

色素沈着など肌トラブルにもなりかねません。

施術日前後と当日は避けておくことが無難です。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件