大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

脱毛するなら大阪で!当日の服装や髪型はどうすればいいの?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/10
    

ツルツルなお肌を目指した脱毛なら大阪のサロンですが、施術当日の服装や髪型は一体どうすればいいのか、初心者なら気になることです。

特に衣類に決まりはないものの、締め付けがなくゆったりした、肌に優しい素材を選ぶようにします。

優しい素材でゆったりした衣類がベスト

ファッションは楽しくて流行の衣類を取り入れて洋服を楽しむ人が大半ですが、大阪での脱毛当日は肌のことも考えて、できるだけゆったり目の衣類を選ぶようにすることです。

身体のラインが出る服はタイトでかっこいいですが、光での照射をすることで皮膚は一時的に弱くなります。締め付けの強い衣類を選んでしまうと、施術後に着替えをして洋服を身につけた際に敏感な皮膚に負担をかけてしまうため、いつもなら気にならない衣類の摩擦や締め付けを施術後は肌が強く感じてしまいます。

また締め付けがきつい種類は、通気性もあまりよくはありません。一時的に肌内部には熱がこもるので、素材の通気性の良さも重視しての選択です。

ゆったりとした服であれば、熱もこもらず皮膚への摩擦の心配も少なくなります。素材は肌にとって優しいものを選ぶこと、ナイロン系は刺激が強いので、化学繊維素材の衣類は選ばないことです。来店をしたら着替えをするので、脱ぎやすい服がいいですし、その後にまた着替えるので、着やすいものを選ぶようにします。

髪の毛はアレンジするよりもおろしたままで

常に女性はヘアスタイルまで気を抜くことがありませんが、大阪での脱毛当日は、あまり凝ったセットにはしないことです。サロンでは施術台に横になってのお手入れになるため、流行りのキュートなヘアセットを施していっても、お手入れの間に髪型は乱れてしまいます。

ヘアゴムで後ろ側やトップでまとめていても、横になるとそれが邪魔になって痛く感じることもあるので、髪の毛は下した状態がベストです。横になってさらに体勢を変えたりしますし、仰向けやうつ伏せに横向きなどお手入れ中には、スタッフの指示のもと様々な向きになります。

あらかじめ崩れてしまっても平気なヘアスタイルがいいですが、下しておくのが最も楽です。ヘアゴムやヘアピンにヘアアクセサリーなど、普段なら何気なく付けているものも、施術ベッドに横になった際に、それらが頭に違和感を感じさせます。来店時には軽くゴムでまとめていたとしても、施術時の時には外して、髪の毛は自然に下ろしておくことです。

通気性が良い肌に優しい素材を選ぶ

夏になると薄着になりますが、大阪での脱毛の時には、できるだけ肌の露出は控えめの服装を心掛けることです。キャミソールやタンクトップなどのトップスを選ぶなら、薄手のサマーカーディガンを上に羽織るとか、ミニスカートを選びたいけれども、お手入れの日はロングにするなど、紫外線から肌を守ることを重視します。

秋から冬の場合は寒くなるので着込みたいと考えるものの、冷え込む時期も薄着で来店をしなければいけないのか、迷うかもしれません。寒い時期にはしっかりと防寒対策をすること、サロンに行くために薄着にする必要はなく、重ね着をして大丈夫です。

厚着になると通気性がイマイチになりますが、素材に注目をして通気性が良いタイプを選べば問題ありません。足もとの防寒に冬はマストアイテムのタイツ類ですが、直接皮膚に摩擦を生じるため靴下を履くようにします。素肌に触れて優しい素材のトップスがいいので、天然素材となるカシミヤやコットンを意識して選ぶことです。

 

理想のお肌に近づくためにも脱毛するなら大阪がいいですが、当日の服装は素肌への思いやりを重視して決めます。髪型に関してはまとめても大丈夫ですが、施術台に横になるので崩れても平気なスタイルであること、髪の毛はおろしておくのが1番です。

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件