大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

タトゥーが入っている部位を脱毛するには?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/07
    

「脱毛したいけど、タトゥーが入っているからサロンには行けない」そう悩んでいる方は意外に多いかもしれません。たしかに、タトゥー部分に光脱毛を行うことはできませんが、他の部位は光脱毛を行い、タトゥー部分だけはニードル脱毛にするといった方法で対応することも可能です。今回は、タトゥーが入っている場合の脱毛について解説します。

タトゥーが入っているお客さんも脱毛はできる

タトゥーは身体の一部分を彫ってインクなどを入れていくことで、いろいろな絵や模様などを身体で演出することができます。タトゥーが入っていることで、銭湯やプールなどの利用できないサービスが世の中には存在しますが、脱毛をするためのサロンでも利用をお断りしているケースがあります。

しかしファッション的なタトゥーやワンポイントで彫られている物であれば、基本的にはサービスを利用できるお店はたくさんあるので、しっかりと美肌を目指すことは可能です。

絵や模様などを彫っていれている人は、その部分は毛が生えてこないようなイメージもありますが、実際には掘ってインクを入れている部分は真皮と呼ばれる部分であり、皮下組織は真皮の奥のほうに存在するので、皮下組織が正常である限り毛は生えてきます。

そのためインクなどで描かれている場所からも毛が生えてくるので、見た目の綺麗さを維持するにはムダ毛の処理を定期的にしなければいけません。そのため脱毛をしてムダ毛の部分を解消すると、処理にかける時間が減るので、とても便利です。

タトゥーが入っている部分の脱毛が難しい理由

タトゥーを入れている場所も皮下組織は正常なので毛は生えてきますが、その部分にレーザーを当てて脱毛をするのは難しいです。通常の脱毛はレーザーを皮膚に当てていくことで、レーザーの光がメラニン色素に反応することで、毛乳頭に効率的にダメージを与えていくことになります。

インクを入れている部分にレーザーを当てていくと、メラニン色素と勘違いをしてしまい、その部分に高温のレーザーが当てられてしまう可能性が高いです。レーザーはとても高温なので、間違った場所に当ててしまうと、火傷などをしてしまうリスクがあり、通常の肌よりも難易度が自然と高くなります。

また無理矢理レーザーを当てるような行為をしてしまうと、インクを入れている部分が色素沈着をしてしまい、将来的にタトゥーを除去したいときに、インクを落としにくくなる可能性もあるので、注意が必要です。

タトゥーでも脱毛できる施術方法はある

タトゥーを入れている部分を脱毛するのは難いですが、しっかり毛が生えてこない状態にすることはできます。ニードル脱毛を利用すれば、毛穴に針を差し込んでから電流を流して毛包を破壊していく流れになるので、インクなどに誤反応してしまうようなリスクがありません。

毛乳頭とバルジ領域に対して効率的にダメージを与えていくことができますから、1回の施術で確実に毛が生えてこない状態を実現できるのが魅力的です。針を差し込むので痛みが少し強いですが、火傷などのリスクを気にせずに美肌を目指すことができますから、とても心強い施術になります。

永久的に毛が生えてこないような状態を目指さなくても大丈夫な場合は、ブラジリアンワックスも便利な施術です。ブラジリアンワックスは専用のワックスを脱毛したい部分に対して塗っていき、ワックスと一緒にムダ毛を剥がし取る方法です。数週間程度で毛が生えてきてしまいますが、お手軽にサロンでサービスを利用できる施術です。

 

タトゥーを入れている方でも脱毛サロンを利用するのは可能ですが、光脱毛でタトゥー部分の毛の悩みを解決することはできません。火傷につながるリスクがあるため、一般的なサロンではタトゥー部分への施術ができないのです。

ニードル脱毛であれば針を毛穴に直接差し込んで電流を流していくので、レーザーが反応する心配もなく安全に美肌を目指せます。ブラジリアンワックスも頼りになる存在ですが、数週間程度しか効果が持続しないので、継続してサロンに通う必要があります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件