大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

ニキビがある場合の顔の脱毛は可能?

    

ニキビは若いころにできやすく、顔や背中などに広がるときもあります。皮膚の炎症状態なので、あまり広範囲にできているときには施術をすることはできないでしょう。

しかし状態によっては可能になるときもあるので、確認してみましょう。

治療を受けてきれいな肌の状態で受ける

青春のシンボルとも言われるニキビ。中学生から高校生にかけてできる人が多く、顔だけでなく背中などに広がることもあります。原因は人によって異なるでしょうが、ホルモンバランスの乱れが原因になることが多いとされます。ちょうど子供から大人になる時期なので仕方がないかもしれません。その後ホルモンバランスが落ち着いてくると自然に消える人が多いとされます。

顔などにニキビがたくさんある状態で脱毛サロンのサービスが受けられるかどうかですが、広い範囲が赤くなっているときは難しくなります。肌への刺激が患部に当たるとさらにひどく炎症してしまう可能性があるからです。顔にたくさんできている状態であればその時はあきらめましょう。ニキビは皮膚の病気の一つで、治療をすればきれいに治すことができます。自然に治る人もいますが、つぶしてしまったりすると痕が残って見た目が良くなくなります。皮膚科などできちんと治療を受け、きれいな肌になってからサロンに行きましょう

状態を見ながら患部を避けて照射してもらえる

ニキビは若い人だけがなるイメージがあります。若い人がなる理由としてホルモンバランスの乱れがありますが、大人や一定の年齢になってもストレスなどが原因でそれなりにホルモンバランスの乱れは起こります。ただ、若い人のように顔全体や背中全体に広がるのではなく、ぽつぽつと赤い点ができる程度のことが多いです。

この時に脱毛サロンを利用することができるかですが、まずはサロンのカウンセリングで相談をしましょう。一つや二つぐらいであれば、その部分を隠したり避けたりしながら光を照射することができます。数が多くなってくるとどうしても避けにくくなり、患部に照射をしてしまって悪化させる原因になります。自分ではわからないでしょうから、聞いてみるのが一番でしょう。カウンセリングの時にはなかったが、施術をしてもらう当日にぽつっとできているときがあります。この時も一つぐらいであればその部分を隠しての処理をしてもらえます。将来的に治ったときに、その部分も照射してもらえます。

痕が黒く残っていると難しい可能性

ニキビは皮膚の病気です。ホルモンバランスの乱れなどで皮脂の量が多くなり、肌にできた傷などから膿がたまるようになります。早めに病院などで治療を受ければ、痕も残りませんし広がるのも抑えることができます。しかし広がったりつぶしてしまうと大変な状態になってしまいます。痕として残ると、その部分だけ肌が黒ずんだ状態になり、いくら皮膚が入れ替わったとしてもその状態が続きます。

黒っぽい痕がある状態で脱毛サロンの利用ができるかですが、少し難しくなるかもしれません。黒っぽくなった状態だと、その部分に光が集中されてしまい、炎症をひどくする可能性があります。ほくろやシミがあるとできないのと同じで、あまりたくさんあると断られる可能性があります。黒っぽい痕が少ししかない状態であれば、その部分を隠して照射などもできるので、まずは状態を見てもらうと良いでしょう。一つのサロンでできないと言われても、別のサロンなら可能になることもあります。その時は痕の部分をどうやって処理するのかなどを確認しておきましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件