大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

月極め制or回数制、脱毛サロンへ通うならどっちがお得?

    

月極め制or回数制、脱毛サロンへ通うならどっちがお得?

脱毛サロンは今や全国どこでも見かけます。
大手脱毛サロンからご当地サロンまで色々なタイプのサロンがあります。
ここ大阪でも脱毛サロンの人気は高く、中心地には競合サロンがひしめいています。
そんな脱毛サロンの中でも支払い方法で月極め制と回数制があるのをご存じでしょうか。
実際大阪で脱毛サロンに通う場合、どちらがお得なのでしょうか。
そこでここではそれぞれの支払い方の違いと選び方によってどちらが得になるのかをご紹介します。
これからサロンに通う予定の方は必見です。

 

月極め制と呼ばれる方法で支払う場合

この数年で爆発的に見かけるようになったのが「月額制」という支払い方です。
これはお月謝のようなお金で通える(キャンペーン当初のコピー)として開始当時爆発的に人気になりました。
脱毛ラボがこの月額制を始めたサロンですが、この後銀座カラーやキレイモ、シースリーでも次々と月額制を始めました。
しかしこの月額制という支払い方には実は複数パターンがあります。
差がわからないと損になる場合もあります。
そこでここでは2つのパターンについてそれぞれ解説します。

(パターン1)会費のように月1回口座引き落としで支払う方法
このパターンだといつでも辞められるようにしているサロンが多いようです。
例えばキレイモは初月に数百円程度かかりますが、2か月目から9,500円で2か月の縛りはあるものの、いつでも辞めることができます。
脱毛ラボも一緒です。

(パターン2)分割ローンを月額制として支払う方法
上記の二つのサロン以外で月額といういいか方(多少違うかもしれませんが)をしているサロンは実はローンタイプの支払い方です。
例えば6回の合計金額を月払いにした時に安くなるように設定しているだけです。
銀座カラーやシースリーがこのタイプです。

回数制と呼ばれる方法で支払う場合

回数制と呼ばれる脱毛は6回や12回の脱毛をまとめて支払うパターンです。
多くのサロンは6回制を10万から15万の範囲内で支払えるように設定しています。
しかも月額制は一見安そうですが、回数制と比較するとトータルで圧倒的に回数制が安くなっています。
補足すると6回制とは脱毛1回が全身脱毛だとすると6回通って脱毛を完了させる方法です。
実際月額で通ったとしても施術に違いはないので単に支払い方の違いです。
また2か月に1回の施術なら翌月に月額費用を払ったとしても通う必要はありません。
そのようなことから月額は通わなくてもよい月も支払うような設定になっています。
トータルで見るとむしろ高い設定になっていることに気が付きます。
ただし回数制はあくまで手持ち現金が豊富にある方向けで、ない場合は月額制で通うしかありません。
多くの若い方が月額制で通うのもそうした理由からでしょう。

結局月極め制と回数制はどちらが得?

月額制を考えた時、純粋にローンを分割している場合は確実に回数制以上の費用がかかっています。
ただし本当に月謝タイプで通うパターンの場合は途中で止められるので、ある時お金がないという場合は(もちろん1カ月前から告知しないといけません)月謝制のほうが気は楽です。
若い人の多くが月払いで脱毛サロンに通うのは、脱毛サロンの総額が高いだけでなく、途中で止められる安心感があるからです。
一方で回数制は多少大人の方でお金に余裕がある方に向いています。
さらに回数制ならトータルでかなり安くなること、解約した場合でも残りの回数は9割程度戻ってきます。
そこも安心です。
通わなくても費用がかかるというのが月額制なので、そこが気に入らないという方に向いています。
結論から言うと、その方のお金の事情や途中解約するかもしれないと考えるなら月極め制が良いでしょう。
トータル費用で安さを追求するなら回数制をおすすめします。
 

ランキングはこちら

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件