大阪市内で口コミや評判のいい全身脱毛サロンを集めました!

自己処理とはこんなに危険!間違った方法とは?

    

自己処理とはこんなに危険!間違った方法とは?やっとのこと念願の脱毛の施術を受け始めても、完全に脱毛が終わらない限りは続けなければならないのが自己処理。
その方法は人によって違うでしょう。
また同じ人であっても、年齢によって方法は変わってるかもしれません。
若くて肌が丈夫で、そして自由になるお金があまりない時は T 字カミソリで剃ってすます人も多いでしょう。
その後、人によって気に入ったムダ毛の自己処理の方法を見つけてそれを続けるか、機会を見て脱毛の施術に通い始めることになるでしょう。
しかし、現時点で自己処理をしなくてはならない方のために、間違った脱毛の方法についてご説明します。

T字カミソリで剃り、その後のケアをしない場合

薄着の季節になると、ワキ毛は毎日剃らなくてはならないどういう人か圧倒的に多いでしょう。
女性でも毛の濃い人は朝剃っても夜には少し毛が顔出しています。
彼氏とデートがある人は、朝仕事や学校に行く前に剃って出かけても、夕方以降彼氏に会う前に、どこかでこっそりと剃り直しをしている人も少なくないでしょう。
この T 字カミソリで自己処理をする場合、 剃った後のケアに気を付けなければいけません。
剃った後だから肌が敏感になってるからといって、何もつけないというのは間違っています。
剃った後は肌の油分まで取り除いてしまい、それによって肌のバリア機能を壊してしまい、刺激に弱くなってしまいます。
この現象は、年齢が上がればより顕著に出てしまいます。
カミソリ負けをしやすくなります。
真っ赤になって、痒くて仕方がなくなったりします。
T字カミソリで同じ場所を一日に2回も剃るのは基本的におすすめできませんが、選択肢がない場合は、剃った後の保湿ケアをきちんとしましょう。
少しローソンをつけるだけでも全然違います。
T 字のカミソリよりは電気シェーバーの方が肌には優しいです。
カミソリ負けで皮膚科に行っても、ドクターには電気シェーバーの方をすすめられたりします。
今は電気シェーバーもかなり安くて良いものが出てきましたので、自己処理をするのであれば、購入してはいかがでしょうか。

毛抜きで抜いた場合

毛抜きで毛を抜く方法も昔から人気があります。
毛抜きで抜くと深くから抜けるのでしばらく無駄毛が生えてこないというとても良いメリットがあります。
ただしこの方法は脱毛の施術を受けている時には使えません。
脱毛の施術を受けている時には、シェービングしなくてはなりません。
さらに毛抜きで抜くという方法は根元から木を引き抜くので、その後毛穴に菌が入りやすくなってしまいます。
これが毛嚢炎の原因になります。
毛抜きで抜いた後、毛嚢炎になってしまった方は少なくないでしょう。
毛嚢炎も小さな軽いものだったら問題がなく数日で治ってしまうでしょうけれど、大きな毛嚢炎はかなり厄介です。
大きなものができてしまった場合は自分で治そうと思わず、少しで早く病院に行きましょう。
熱が出て体調が崩れることもあります。
またかなり膿が溜まった毛嚢炎はそれがつぶれてしまうと、しばらく血や膿が繰り返し出て、とても厄介です。
そのような状態を避けるためにも、適当な時期に脱毛の施術に通って、少しでも自己処理の手間を少なくすると良いですね。

多くの方がある程度の年齢になるまでは自己処理をして過ごしているでしょう。
今は驚くほど安い料金でワキ毛などの脱毛は出来てしまいます。
T 字カミソリや毛抜き、その他自己処理も長い目で見るとかなりの手間です。
年齢が上がるほど自己処理には慣れてるはずなのに、だんだんと自己処理をするのが難しくなっていきます。
肌が若い時ほど丈夫ではなくなっていくということもあるでしょう。
肌の分や油分などが少なくなり、肌のバリア機能がきちんと機能しにくくなり、肌トラブルを起こしやすなります。
このように考えると、おしゃれな大阪の女性だけでなく、めんどうなことは嫌いな人は男性でも女性でも皆、女適当な時期を見計らって脱毛の施術に通って少しでも自己処理を楽にしたいところですね

 

 

ランキングはこちら


 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件